ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです

害虫の予防・対策・退治ならアース害虫駆除なんでも事典

検索したい文字を入力し、検索ボタンを押してください

このページは、ホームダニの駆除ダニを知るのページです。

ダニを知る

ダニの生態・種類

ダニは、昆虫ではなくクモやサソリの仲間で、頭・胸・腹が一体で胴体部となり、胴体部の前方に口器である顎体部が付属しています。屋内に生息する種類は屋内塵性ダニ類と総称され、このうちアレルギーの原因となるのはヒョウヒダニです。
■「屋内塵性ダニ類」とよばれるのは、ヒョウヒダニ(チリダニ)類・コナダニ類・ツメダニ類です。その種類の中で、7~9割を占めるのが、ヒョウヒダニ類のコナヒョウヒダニとヤケヒョウヒダニです。

種類 ヒョウヒダニ(チリダニ) コナダニ ツメダニ イエダニ
生態 ほぼ1年中見られるダニです。 じゅうたんや家具等に多くいます。大発生した際、このダニの体や死骸、糞がアレルギー性疾患の原因(アレルゲン)となりますが、人を刺したりすることはありません。
人のフケ、アカ、その他有機物を食べて増殖し、なんと、フケやアカ、汗1gで約300匹のダニが生息できます。
温度20~30℃、湿度60~80%の高温多湿を好みます。

梅雨時、秋口に増殖するダニで、高温多湿を好み、繁殖力が極めて旺盛です。
広範囲の食品(砂糖・乾燥果実・味噌・削り節・煮干・小麦粉・チーズ・チョコレートなど)や医薬品、畳に発生します。
人を刺すことはありませんが、大発生するとコナダニを捕食するツメダニが増殖し、そのツメダニによって刺咬被害がでます。
コナダニは低温に強いため、繁殖を抑えるには湿度を下げることが有効です。

梅雨時、秋口に増殖するダニで、特に8~9月は被害が激しいです。
ヒョウヒダニ、コナダニやチャタテムシ等を捕食し、これら餌になるダニ等が増えることで、ツメダニの発生も多くなります。
吸血はしませんが、たまに間違って人を刺し体液を吸うため、刺咬症の主な原因のひとつになっています。

5~9月かけて発生し、ネズミや鳥に寄生する吸血性のダニです。
宿主であるネズミが死んだ場合や、ネズミの巣内で大発生した場合等に、移動して人から吸血します。
割れ目や暗いところに潜み、吸血は普通夜間に行います。6~9月が発生の最盛期で、人への被害もこの時期に集中します。
ほこり、フケ等 乾燥食品、ワラ 他のダニ、小昆虫 ネズミ、哺乳類の血液
生息場所 カーペット、ベッド、枕、布団、ソファーなど 食品、タタミなど カーペット、タタミなど ネズミの体・巣
代表的なダニ
コナヒョウヒダニ
ケナガコナダニ
フトツメダニ
イエダニ

コナダニは大量発生すると、白く粉がふいたようになるよ。食品や畳、新築の家にも発生することがあるんだ。

マダニは屋外にいる大型のダニで、感染症を媒介することがあります。

マダニは肉眼で見ることが出来る大型のダニです。
成虫の大きさは、3mmぐらいのものから、10mmぐらいにもなる種類もあり、これが大きな特徴です。

フタトゲチマダニ

※血を吸い終わったマダニ

マダニの被害は3~4月の早い時期から増加し、10~11月ぐらいまで活発に活動しますが、冬季も活動する種類がいます。
生息地は、屋外で、山や公園、河川敷、草地、庭など、最近では身近な場所での存在が問題視されています。


【マダニの付着予防法】
散歩や公園で遊ぶ場合にも、長袖を着用し皮膚の露出を防ぐことが有効です。明るい服を着て、付着したことがわかりやすくすることも良い方法です。また、マダニが嫌がるディートを有効成分とした虫よけ剤を上手に活用しましょう。
外出から戻ったら、付着していないかの確認をしてから玄関を入るようにし、洋服をたたいて払ったり、ガムテープ等で取ることも有効です。

【マダニに刺された場合】
マダニに刺された、もしくは刺されたかもしれない場合は、皮膚科等医療機関で処置を受けてください。その際、刺された場所や日時、状況を医師に正確に伝えることも重要です。
マダニに刺咬されると、皮膚が発赤し腫れて炎症を起こすことがありますが、かゆみを伴わないことが多く、吸血されていることに気付かないことが多いです。
吸血しているマダニを発見した場合は、無理に取るとダニの口が残ることがあるため、無理に取らないでください。つまんではがそうとした際、マダニの体内の病原体を逆流させてしまう恐れもあります。
吸血中のマダニを殺してしまった場合も、同様にマダニの口が皮膚の中に残る可能性があるため、殺さずに医療機関で適切な処置を行ってください。

【マダニが媒介する感染症】
マダニに刺されると、日本紅斑熱やライム病などの感染症や、問題となっている「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症する場合があります。
日本全国でこの「SFTSウィルス」を保有したマダニが確認されており、国内で広く分布していると考えられています。
「SFTSウイルス」を持ったマダニに刺された場合、潜伏期間は6日~2週間程度で、発症した場合の主な症状は、38度以上の発熱、嘔吐、下痢、食欲低下です。致死率は6〜30%と報告されています。治療法として有効な薬剤やワクチンは現状ありません。

知っていることで予防したり適切な対応ができます。
楽しい余暇を過ごすためにも、マダニの危険性を覚えておいてください。

ダニの害

ダニはアレルギーの原因です。
アレルギー疾患の原因の80%以上がダニによるものです。

ツメダニは人を刺します。

ツメダニは、ヒョウヒダニやコナダニなどを捕まえて体液を吸って生きているダニです。普通、室内では比較的数が少ない種類ですが、築後2~3年を経過した家屋や新しい畳などで、ヒョウヒダニ、コナダニ、チャタテムシなどが大発生した際、それを捕食するこのツメダニも大発生する場合があります。
吸血はしませんが、夜間就寝中に這い出てきて人を刺し、傷口から唾液を入れ、さらに人の体液を吸います。
刺されると、その瞬間は痒みも腫れもないですが、1~2日経つと赤く腫れてかゆみが起こり1週間ほど続くことがあります。(遅延性のアレルギー皮膚炎)
刺されやすい場所は、大腿部、上腕部の内側、腹腰部などに集中し、ふとんや畳に接した側が被害を受けやすいです。

イエダニはネズミに寄生し、感染症を媒介します。

イエダニは、ネズミに寄生し、吸血しているダニです。
寄生しているネズミが死ぬと、新たな寄生先を求めて人を吸血することがあり、これが原因で皮膚炎を発症します。腹部や太ももから吸血される事が多く、6~9月に多く見られます。
ネズミがいるということは、イエダニがいる可能性があるということです。
まずは、ネズミの駆除を行ってください。その後、イエダニは感染症を媒介するので、お部屋全体のイエダニ駆除と、部分駆除も行い、必ず最後は掃除機をかけて死骸や糞などを取り除いてください。

ページの上部へ


ページの終わりですページの先頭へ戻る
[an error occurred while processing this directive]