ツツジグンバイ(グンバイムシ類)

吸汁性害虫

生態・特徴

ツツジグンバイ(約4mm)
被害(葉表)
被害(葉裏)

成虫の体長は3~5mmで、平らで、翅をたたむと軍配のような形をしている。
幼虫も成虫も葉裏に寄生し、細長い口で吸汁する。葉表から見ると葉緑素が抜けて白くカスリ状に見える。また、吸汁された葉裏には、排泄物による黒い斑点状の汚れが付くのが特徴。時として、葉が落ちることもある。
葉に生気がなくなるので美観が損なわれ、生育も悪くなる。
発生しやすい時期は、こまめに葉裏を確認し、早い段階で防除することが大切。

発生しやすい時期

4~10月。年に数回発生するが、特に夏から初秋にかけて多く発生する。

発生しやすい植物

ツツジ、サツキ、シャクナゲなど。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

関連リンク一覧