カイガラムシ類

吸汁性害虫

生態・特徴

樹木の幹や枝などに寄生し固着して、吸汁加害する。寄生された植物は衰弱し、排泄物によりすす病が発生するなど二次的被害もある。固着した成虫は移動できないので、見つけ次第ブラシでこすり落とすか、被害枝を切り取って処分する。

発生しやすい時期

一年中見られる

発生しやすい植物

樹木、室内栽培の観葉植物、洋ランなど、ほとんどすべて
枝、幹、葉

ページの先頭へ

ページの先頭へ

関連リンク一覧