アザミウマ類

吸汁性害虫

生態・特徴

アザミウマ(約2mm)

体長1~2mmの細長い小さな昆虫のため、見つけにくい。スリップスとも呼ばれる。
幼虫と成虫が集団で、新芽、新葉、花などを吸汁し、加害する。ウイルス病を媒介することもある。
新芽を吸汁されると萎縮葉や奇形葉になり、葉を吸汁されるとかすり状になったり、褐色に変色する。花はその中に潜りこんで吸汁し、同様の被害をもたらす。

発生しやすい時期

5~11月

発生しやすい植物

草花、野菜、花木、果樹など多くの植物

ページの先頭へ

ページの先頭へ

関連リンク一覧