黒星病

カビが原因

生態・特徴

カビ(糸状菌)によって伝染する病気。
葉に褐色又は黒っぽい斑点が徐々に広がり、病斑部の周りから黄変し落葉する。
バラの場合、発病後落葉し枝にはシミができ、株が衰弱し、美しい花が咲かない。
果樹では、果実にも黒っぽい病斑を生じ、すすのようなカビが生える。
例年発生する場所では、事前の薬剤処理がよい。
また、被害を受けた葉に雨が当たってはね返ったしずくで他の葉に伝染し被害が拡大するため、被害を受けた葉や落葉は速やかに取り除く必要がある。

発生しやすい時期

梅雨の時期、気温20~25℃の比較的暖かく湿度が高い時期。

発生しやすい植物

バラ。果樹(ナシ、リンゴ、モモなど)。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

関連リンク一覧