褐斑病

カビが原因

生態・特徴

葉に、茶褐色やこげ茶色の斑点ができる、カビ(糸状菌)よって伝染する病気。
大小の病斑が斑点状に発生し、病状の進行とともに病斑部が広がり、ひどい場合には落葉する。
風通しが悪い場所や、葉が常に湿気を帯びると発生しやすく、雨が降ると、他の葉に伝染する。
例年発生する場所では、事前の薬剤処理が良い。

発生しやすい時期

初夏から秋にかけて発生。特に初夏の湿度が高い時期に多発。

発生しやすい植物

キク、アジサイ、ツツジ、スイートピー、ヒマワリなど、多くの植物に発生。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

関連リンク一覧