種から育てたい

種から育てる方法

種を選ぶ

種の袋に記載している内容を確認し、説明をよく読みましょう。とても重要な情報が書かれています。

ポイントは

  • 有効期限 過ぎると発芽率が下がります。
  • まきどき 季節に合わない種をまくと、生育が困難になることがあります。
  • まき方

収穫期や詳しい情報など、多様ですが、基本はこの3つを確認しましょう。

種袋に記載された「F1」とは?

  • 固定した形質を持った2品種を親として交配して作り出した品種。
  • 一般に生育旺盛で性質もよく揃うのでおすすめ。
  • F1種を栽培してできた種を植えても、次にできる花や実が元と同じ形や色になるとは限りません。

「F1」や「○○交配」のように種袋に書いてあります。
(固定種には何も書いていません)

ページの先頭へ

種まきの方法

条まき(すじまき)

主に中~小粒の種向き

種をまく場所に板や割り箸などで薄く溝をつけ、その溝に沿って種をまく方法。

点まき

主に大粒の種向き

適当な間隔をあけて指などでくぼみをつけ、1ヵ所に3~5粒ずつ種をまく方法。

ばらまき

主に小~細粒の種向き

種をまんべんなくばらまく方法。紙の上に種をのせて揺らすようにまくと、偏りなくまけます。

覆土
薄く土をかぶせます。
水やり
種が流れないように、ジョウロでそっと水を与えます。発芽までは乾燥させないように水やりに注意しましょう。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

関連リンク一覧