苗から育てたい

簡単、苗から育てる方法

苗の選び方

適した時期に良い苗を選びましょう!

  良い苗 悪い苗
 
良い苗
悪い苗
蕾が多い。 蕾が少ない。
株元がしっかりしていて、節と節の間が詰まっている。 ひょろひょろと長く伸びている。
太く、がっちりしている。 柔らかく弱々しい。
厚く、緑色が濃い。
大きさが揃っている。
葉が薄く、葉色が黄ばんでる。
大きさがまちまちで下葉が枯れている。
鉢穴から新鮮な白い根が少し出ている。 鉢穴から茶色い根が出ていたり、穴が根で詰まっている。
病害虫 病害虫に侵されていない。 葉に病気、虫食いの痕がある。

ページの先頭へ

実生苗と接木苗の違い

実生苗(みしょうなえ)
種をまいて育てた苗のこと。自根苗(じこんなえ)ともいいます。
接木苗(つぎきなえ)
他の植物の苗を台木にして目的の植物の苗を接ぎ合わせた苗のこと。
接木苗は、病気や寒さに強い等のメリットがあり栽培しやすいため価格は実生苗に比べて高めですが、特に初心者におススメです。

ページの先頭へ

購入した苗をポットから出して根の状態を確認しましょう

適度に根が回った苗
そのまま植え付けが可能です。
根が回りすぎ、茶色く傷んだ部分がある苗
茶色く変色した根は、軽くほぐしてから切り落とします。

ページの先頭へ

根鉢を鉢へ植え付ける

土と根が一体化した固まりを「根鉢(ねばち)」といいます。

鉢底石、鉢底網、用土、ウォータースペース、根鉢
  1. 1.土や石が流れ出たり害虫が侵入しないよう、鉢底網を敷き底が隠れる程度に鉢底石を入れます。
  2. 2.水やりをした際一時的に水がたまるように、ウォータースペースが取れるぐらい用土を入れます。
  3. 3.根鉢が入る程度の穴を掘り、根鉢を入れて土を隙間に詰めて植え付け終了です。
  4. 4.鉢底から流れるまでたっぷり水を与えましょう。

※苗をいくつか植える場合の植え付け間隔(株間)について
植物は生長にしたがって姿を変えるので、生長後のサイズに適した株間を取って植え付けます。
草丈 30cm以下の植物 ・・・ 株間 20~40cm程度
草丈 30~60cmの植物 ・・・ 株間 30~50cm程度

ページの先頭へ

ページの先頭へ

関連リンク一覧