球根から育てたい

初心者にもおススメ 球根から育てる方法

球根植物の多くは地下に栄養を貯える貯蔵器官を持ち、球根自身の力で花を咲かせるので、栽培は比較的簡単です。

球根を選ぶ

どれも同じに見えますが、ここで失敗しないよう、よく見て選びましょう!

ポイントは

  • 硬くしっかりとしていて、大きくて球根の重さが重いもの
  • 外皮がはがれていない、きれいなもの
  • 病害虫の痕跡や傷がないもの(特に底に傷のないもの)

ページの先頭へ

球根は、秋植えと春植えがあります

秋植え球根 春植え球根
<代表> チューリップ、ヒアシンス、ユリ <代表> アマリリス、ダリア、カンナ
本格的な寒さが来る前に植え付け、よく根を張らせておきます。一般的には、9月下旬から11月の初めまでに植え付けましょう。 寒さに弱いので、十分暖かくなってから植え付けます。
(注意点)
  • あまり早く植え付けると、高温多湿で腐ることもあります。
  • 花を咲かせるために冬の低温が必要なので、暖かい室内に持ち込むと開花しないことがあります。
(注意点)
  • 関東近辺は4月に入ってからが適期ですが、寒冷地では、それより遅くなります。

ページの先頭へ

球根の植え付け方法(庭植え)

植える土を、球根の約5~6倍の深さ耕す。

  • 球根を植える深さ・・・球根の高さの約3倍(ユリの場合は、深さが4倍)
  • 球根を植える間隔・・・球根の約3倍

ページの先頭へ

球根の植え付の深さ・間隔一覧(庭植え)

ページの先頭へ

球根の植え付け方法(鉢植え)

庭植えと違い、鉢やプランターなどは深さもないため、なるべく浅く植え付けます。

  • 球根を植える深さ・・・球根0.5~1個分の深さ(浅植え)
  • 球根を植える間隔・・・球根1個分ぐらい

ページの先頭へ

球根の植え付け方法(水栽培)

水栽培には、秋球根が適しています。

  • ヒヤシンス
  • クロッカス
  • スイセン  など
  1. 1.ポットに入って土植で販売しているものは、根を傷めないようにそっと土を取り除きましょう。多少残っていても問題はありません。
  2. 2.水をためてその中で、残りの土をやさしく取り除きましょう。
  3. 3.専用の容器がなければ、お尻が安定する大きさのジャム等の空きビンでも構いません。球根のお尻に水がつかない程度水を入れましょう。
  4. 4.根が容器の2/3ぐらいまで生長したら、明るい場所に置いて、水が腐らないよう、時々水を替えてください。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

関連リンク一覧