道具・容器

プランターなどの選び方

栽培する植物の種類に合った大きさや深さのものを選びましょう。
植物が生長したときのサイズを考えて、土の量に余裕を持った大きさの物を選びます。

目安
  • 生長する高さの少なくとも1/3程度の深さと直径があるものを選びましょう。
  • 大根など根菜類を育てる場合は特に深さのあるものを選びましょう。

鉢やプランターのサイズと土の量を知ろう

鉢の号数表示:号数に3cmを掛けた数値が、その鉢の直径を表します。

容器の種類 サイズ 土の量
3号鉢 直径 9cm 約 0.3ℓ
4号鉢 直径 12cm 約 0.6ℓ
5号鉢 直径 15cm 約 1.3ℓ
6号鉢 直径 18cm 約 2.2ℓ
7号鉢 直径 21cm 約 3.5ℓ
8号鉢 直径 24cm 約 5.2ℓ
9号鉢 直径 27cm 約 7.8ℓ
プランター 長さ 65cm 約 12~13ℓ

※上記の土の量はすりきりで量ったものです。

鉢やプランターの素材を知ろう

素材 素焼き(テラコッタ)・陶器 プラスチック 木
メリット
  • 通気性・排水性に優れている。
  • 軽くて壊れにくい。
  • デザインやサイズが豊富。
  • 水を通さないので保水性がよい。
  • 通気性に優れている。
デメリット
  • 重くて割れやすい。
  • 釉薬がかかっていると通気性が劣るので水の管理に注意が必要。
  • 高い保水性のため、水のやりすぎに注意。
  • 耐久性が劣る。
  • 重いものが多い。

ページの先頭へ

始める前に揃えたいガーデニング用品

肥料
固形肥料・液体肥料など

様々な種類の肥料があります。植物はもちろん植物の生長ステージにもあわせて選びましょう。

肥料

プランター用品
鉢底石・鉢底網など

土や肥料分の流出を防ぐだけでなく、虫などの侵入も防ぎます。プランターの形状にあわせて選びましょう。

プランター用品

ガーデンウェア
グローブ・エプロン・帽子・マスクなど

衣服の汚れなどを防ぐだけでなく、刃物・害虫・薬品などから守ってくれます。

ガーデンウェア

土作り・植え付けの道具
移植ゴテ・シャベル・熊手など

目的と自分の体格にあったものを選びましょう。

土作り・植え付けの道具

水やりの道具
ジョウロ・ホース・霧吹きなど

散水面積や収納場所、植物など考えて選びましょう。

水やりの道具

植物を切る道具
ハサミ・ノコギリなど

目的と自分の感触にあったものを選びましょう。

植物を切る道具

ページの先頭へ

あると便利なもの、植物の種類や栽培環境・時期によって必要なもの

ひも

植物を支柱に固定するために使用します。

ひも

ラベル

植えた植物の名前を書きます。

ラベル

ふるい

土の中の瓦礫や古い根を取り除きます。

ふるい

遮光ネット

夏の日差しを遮り、日射と温度を調整します。

遮光ネット

マルチングシート

雑草を抑制したり、温度・湿度を保持します。

マルチングシート

支柱

背の高い植物の倒伏を防ぎます。

支柱

カマ・ホー

株元などに生えた雑草を取り除きます。
又葉菜などの収穫にも使用します。

カマ

ノート・カメラ

植物の状態をメモしたり記録する場合に使います。

ノート

ページの先頭へ

必要なときに準備するもの

  • 病害虫対策用品(農薬等)
  • 除草剤
  • 不快害虫対策用品
  • ネズミ、イヌ・ネコ対策用品

ページの先頭へ

ページの先頭へ

関連リンク一覧