観葉植物全般

  • 基本情報
  • 育て方
  • 病気・害虫

特徴・基本情報

部屋の中に緑がある生活っていいですよね。観葉植物は、観賞用植物のうち、特に葉を観賞の対象とする植物のことをいいます。

巷では、大きさも種類も多種多様なものが売られていますね。よく見かけるものもあれば、面白いネーミングがついたもの、花が咲くもの。空気をきれいにするといわれているもの、虫を食べるもの、あげるとキリがありません。時々ブームが起きたりもします。そのぐらい、暮らしの中で関心のあるものなのかもしれません。
ここではお店で購入する場合の基本的な育て方などを紹介したいと思います。

日当たり・光

部屋の中はどうしても日陰が多くなります。そんな屋内の環境で元気に育つのに適応しているものが主に「観葉植物」として販売されています

一般的な観葉植物

レースカーテン越しに光が入る明るい場所を好みます。
寒い場所や、暗い場所、夏に直射日光が当たるような場所は苦手なので避けてください。
空調が直接あたる場所は避けてください。

サボテンやアロエなどの多肉植物

強い光を好むので、直射日光が当たっても大丈夫です。ただ、真夏の日差しは葉が焼ける原因になるため、直射日光が当たらない明るい場所で育ててください。

ページの先頭へ

温度

寒さにはあまり強くはありません。
人間が過ごしやすい温度が植物にとっても適温なため、大体、18~26℃ぐらいです。そしてこれは、植物が光合成を活発に行える温度です。
また、各植物には、限界温度があるため、その点にも気をつけましょう。

冷房や暖房を使用する際は、直接かからないように気をつけてください。
ただし、自然の風は必要です。新鮮な空気は植物の生長を活性化させるので、窓を開け、空気の入れ替えをしてあげてください。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

関連リンク一覧