誘引・支柱立て

支柱が必要な植物は、つる性の、キュウリ・ゴーヤなどのウリ類、豆類などで、生長を助けるために必要です。
また、実が大きくなるような、トマト・ナス・ピーマン等も、植物が実の重さで倒れるのを防ぐために必要です。

支柱を使用するメリットは他にもあり、風通しがよくなり、日当たりもよくなることで、植物の機能を健全に保ちます。植物同士の間隔もできるため、病害虫の被害も防ぐ効果があります。

立てた支柱に茎やつるを結びつける作業のことを「誘引」といいます。

○良い例 ×悪い例
○良い例
×悪い例
紐を「8」の字を書くように、支柱と植物に渡して、きつくしめず、生長のことを考え、ゆるめに輪を作って結びましょう。 支柱と植物の間に隙間がないと、成長の妨げになります。茎に食い込むこともあるので、結び方には気をつけましょう。

仮支柱

仮支柱
植え付け時は、根付くまで仮支柱で支えてあげましょう。

植えたばかりの苗は、根付いていないのでしっかり自立していません。そのため、苗を倒さないように、30cmぐらいの仮の支柱を斜めに立てて苗を支えることをいいます。
2週間ぐらいすると根付くので、本支柱にしてください。

これは別にどの植物でもやっていいですか?
問題ありません。しかしつる性の植物(ゴーヤやキュウリなど)では、つるが仮支柱に巻き付き、本支柱を立てたり、ネットを張る時に邪魔になったり、株を傷つけたりしますのでオススメできません。

ページの先頭へ

本支柱

本支柱とは、その植物の最大の高さ位までの支柱を立てる(組ませる)ことです。

三本立ては簡単に作ることができるので、よく使われます。ナスやピーマン等の栽培に向いています。

朝顔栽培の定番支柱です。つるをらせん状にはわせたりするのに向いています。

つる性の大きなものに向いています。

きゅうりやトマトなどを栽培するときによく使う形です。ネットを張ることもできます。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

関連リンク一覧