間引き

種をまいて発芽したものを、よく育つ間隔をとるために、間に生えた余分な苗を除去することを、間引きといいます。

間引きの時期や間隔は植物によって異なります。

例)コカブの場合

1回目
双葉が出揃った時点で1~2cmの間隔に
2回目
本葉2~3枚の時
3回目
本葉4~5枚の時に間引いて10~15cm間隔になるように育てる

ページの先頭へ

ページの先頭へ

関連リンク一覧