• ホーム
  • 新着情報
  • サイトマップ
  • オンラインショップ
  • Global Site

ホーム > 家庭用品 > 新着情報一覧 > 日本大学松戸歯学部との共同開発 『マウスガード 除菌・洗浄スプレー』新発売

文字の大きさ 小 中 大

日本大学松戸歯学部との共同開発
『マウスガード 除菌・洗浄スプレー』新発売

2009年08月19日

アース製薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:大塚達也)は、マウスガードをスポーツの前後にも手軽に除菌・洗浄できるハンディータイプのスプレー『マウスガード 除菌・洗浄スプレー』を、日本大学松戸歯学部と共同開発し、8月21日より新発売いたします。
マウスガード 除菌・洗浄スプレー

マウスガードとは、スポーツ中に起こる口のケガを未然に防ぎ、歯を守るプロテクター(防具)です。
マウスガードの効果は

 

 (1)歯の保護
 (2)スポーツ外傷の予防(口腔・口唇周辺部の裂傷、顎部の骨折)
 (3)顎関節の保護、顎の固定
 (4)脳しんとうの予防

 

などです。
近年、スポーツでマウスガードを使用する種目が増え、マウスガードの使用人口も増えていますが(注1)、マウスガードの衛生管理は、あまり行き届いていないのが現状です(注2)。また、専用の洗浄剤も販売されていません。


■注1.マウスガードの使用が義務付けられている種目と登録選手数

競技種目

登録選手数(人)

ラグビー

146,854    

アメリカンフットボール

18,600    

ラクロス

18,000    

アイスホッケー

19,783    

グランドホッケー

10,743    

空手

80,000    

 合  計

293,980    

 

その他、一部の選手が使用している競技
    ・柔道 ・レスリング ・野球 ・サッカー ・女子ソフトボール 等
     ※本製品は、(財)全日本空手道連盟より推薦を受けています。


■注2.使用後、そのまま放置すると・・・
    ●雑菌が繁殖し臭いの発生、変色を招きます。
    ●マウスガードの樹脂の劣化を招き、マウスガードの寿命が短くなります。
    ●雑菌が繁殖したままのマウスガードを装着すると、口腔衛生にも悪影響を及ぼす可能性があります。
    ●競技中や運動中に落としたものをそのままにしたりすると不衛生となり、健康状態にも悪影響を及ぼす

   可能性もあります。

 

そこで、練習や試合会場など、屋外でも手軽に使用できるマウスガード除菌・洗浄スプレーを、株式会社IBLC*を介して日本大学松戸歯学部口腔機能学講座スポーツ・睡眠健康歯科と共同開発いたしました。
           *株式会社IBLC (産学連携支援活動企業)
            代表取締役:下野哲也  東京都渋谷区渋谷2-6-6

 

【製品特長】

●マウスガードに直接スプレーするだけで、その場で簡単に除菌・洗浄ができます。
●マウスガード以外にも、ナイトガード(歯ぎしり防止装置)やスプリント(顎関節症治療用)などにも使用できます。
●マウスガード装着前後に使用すると、清潔な状態に保てます。
●爽やかなペパーミントの香りです。
●マウスガード樹脂に影響を及ぼしません。

 

【使用方法】
①マウスガードの表面全体がじゅうぶんに濡れる程度にスプレーします。
②スプレー後は清潔な布等で拭きとります。

 

【発売日・地域】 2009年8月21日 (金) ・ 全国


             
 ・発売元 : 株式会社モリタ (総合歯科医療商社)
            社長:森田晴夫  大阪府吹田市垂水町3-33-18
 ・販売先: 全国の歯科医院・技工所

 

【仕様・価格】

製品名

内容量

価格

マウスガード 除菌・洗浄スプレー

100ml

オープン価格

 

アース製薬は独創的な発想で新しい価値を生み出し、豊かで快適なワンランク上のライフスタイルをお届けし続けてまいります。

報道関係の方のお問い合わせ アース製薬株式会社 広報室 03-5207-7453
消費者の方のお問い合わせ アース製薬株式会社 お客様窓口 0120-81-6456

新着情報一覧へ

このページの先頭へ

 
  • プライバシーポリシー
  • セキュリティポリシー
  • サイトのご利用にあたって
Copyright 2014(c) Earth Chemical Co.,Ltd. All Rights Reserved.