• ホーム
  • 新着情報
  • サイトマップ
  • オンラインショップ
  • Global Site

ホーム > 家庭用品 > 入浴剤 > 薬泉バスロマン > 薬泉バスロマン にごり湯 乳青色

文字の大きさ 小 中 大

薬泉バスロマン にごり湯 乳青色

  • 製品詳細
  • 特長
  • 使用方法
  • 使用上の注意
  • 入浴剤こだわり検索
  • よくあるご質問を見る

このページを印刷する

薬泉バスロマン にごり湯 乳青色

製品詳細

製品名

内容量

有効成分

薬泉バスロマン にごり湯 乳青色

650g
(約21回分)
※30g使用の時
自動計量充填ですから、空間があっても内容量は表示のとおりです。

【温泉ミネラル】乾燥硫酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム 【生薬成分】トウキエキス散

医薬部外品

このページの先頭へ

特長

温浴効果を追求した入浴剤「薬泉バスロマン」

有効成分 温泉ミネラルが溶け込んだにごり湯の保湿コートで温浴効果を高めて湯冷めを防ぎます。皮膚表面のタンパク質と温泉ミネラルが体全体に薄い膜を作り、熱の放散を防ぐため、保湿効果が持続します。

生薬成分 当帰エキス(有効成分)、保湿成分 地黄エキス配合

生薬成分 当帰エキス(有効成分)が、温浴効果を高めて、身体を芯から温め、【肩こり】・【腰痛】・【神経痛】などの症状を和らげます。血行を促進し、身体をほぐすので、【疲労回復】に効果があります。


※全成分の90%以上が温泉ミネラルと生薬成分でできています。
※さら湯のピリピリ感をやわらげる塩素除去成分配合で、お肌にやさしいバスロマンです。
※アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません。)

おススメの入浴方法♪

39度(冬は40度)のぬるめのお湯に15分程度全身浴するのがおススメです。お湯をたっぷり入れて肩までしっかりつかることで、身体が芯から温まります。


【 香 り 】 おだやかな薬草の香り
【お湯色】 乳青色(にごり)

効果・効能

肩のこり、腰痛、神経痛、リウマチ、うちみ、くじき、疲労回復、冷え症、荒れ性、あせも、しっしん、にきび、ひび、しもやけ、あかぎれ、痔、産前産後の冷え症

このページの先頭へ

使用方法

お風呂のお湯(約180L)に本品30gを入れ、よくかきまぜて入浴してください。(キャップの内枠一杯で約15gです)
※赤ちゃんと一緒に入浴する時も使えます。
本品には、浴槽・風呂釜をいためるイオウは入っておりません。

浴槽や洗い場が滑りやすくなりますので十分ご注意ください。

このページの先頭へ

使用上の注意

入浴以外の用途には使用しないこと。
皮膚あるいは体質に異常がある場合は、医師又は薬剤師に相談の上使用すること。
使用中や使用後、皮膚に発疹、発赤、かゆみ、刺激感などの異常が現れた場合、使用を中止し医師又は薬剤師に相談すること。
使用中にじんましん、息苦しさなどの異常が現れた場合には直ちに使用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること。特にアレルギー体質の人や、薬などで発疹などの過敏症状を経験したことがある人は、十分注意して使用すること。
本品は食べられません。万一大量に飲み込んだときは、水を飲ませるなどの処置を行うこと。
使用後は、ふたをきちっと閉め、子供の手の届かないところに保管すること。
 
【 にごりタイプの入浴剤について 】
配合成分により、浴槽や洗い場では滑りやすくなるので、十分注意すること。
全自動給湯器、24時間風呂に使用するとフィルターが詰まる可能性があるので、お使いの機種の説明書を確認の上使用すること。
使用後は、風呂釜内部や循環孔のフィルターなどが白く汚れることがあるので、よく水洗いをすること。(風呂釜内部の湯あかなどに白濁成分が一部付き、循環孔から浴槽内へ出ることがあります。)
残り湯を長く浴槽に入れておくと底がザラついたり、浴槽のまわりが白くなることがありますが、すすぎ洗いをするときれいになります。
   
【 残り湯の利用について 】
残り湯は洗濯にも使用できますが、すすぎは清水を使うこと。ただし、入浴剤の色素で衣類が着色するおそれがあるので、以下の場合は使用しないこと。
(柔軟仕上げ剤との併用、つけおき、おろしたての衣類)
残り湯を植物にかけると影響が出る可能性があるので、かけないこと。

このページの先頭へ

 
  • プライバシーポリシー
  • セキュリティポリシー
  • サイトのご利用にあたって
Copyright 2014(c) Earth Chemical Co.,Ltd. All Rights Reserved.