MENU

CLOSE

INTERVIEW

社員一人ひとりの意見が
製品を形にする

研究開発職
2014年入社

人の役に立っているというやりがいを感じる

大学では、プラスチックのような素材を合成し、それを分析・解析するなど、高分子に関する研究を行っていました。完成したものは主に何かの材料として使われるため、基本的に一般の人が特に注目することのないものです。もちろん実験がうまくいったときは達成感もありますし、面白かったのですが、誰かの役に立っている実感はあまり感じませんでした。就職を考える頃には、生活の身近にあるものを扱いたいという気持ちが強くなり、日用品を扱う企業の研究職に絞り就職活動を行いました。アース製薬に魅力を感じたのは、製品の企画から実験や分析、容器の検討に至るまで、幅広い工程に携われるところです。その方が、自分がこの製品をつくったという実感が大きくなりますし、製品が人の手に渡ったときの喜びも強く感じられます。研究という自分の好きなことができ、かつ大きなやりがいを感じられそうということが、アース製薬への入社の決め手になりました。

社員全員が協力し、
製品をどこよりも早く発売する

入社2年目にゴキブリの忌避剤を発売したのですが、製品化していくプロセスはすごく印象に残っています。処方検討などの基礎研究はすでに完了しており、私は製品化を担当しました。その製品化を目指していく中で、お客様が使用するまで有効成分を密封し、安定流通させることは非常に重要かつ難しい作業です。一般的な包装では使い易さとの両立ができず、なかなかスムーズに進みませんでした。アース製薬では、何か予期せぬトラブルが起きたりすると、所属グループの研究員全員が集まり、問題解決のためのアイデア出しをする機会が設けられます。上司や部下、担当する製品に関わらず全員が解決策について意見を言い合い、色んな可能性や改善方法を検討します。また、会議で出たアイデアの効果を検証する実験やそのデータ収集などもグループで協力し、なんとか発売のスケジュールに間に合わせられるようにします。

研究員は、一人が一つの製品だけを担当するのではなく、複数を並行して進めていきます。そのため、担当以外の製品に協力するのは容易なことではありませんが、それでも親身になって協力してくれます。そんなグループのメンバーにはとても感謝しますし、アース製薬の結束力の強さを感じます。
チームワークの良さのお陰で、困難であった製品化を実現することができ、多くのお客様に製品を使っていただけております。より良い製品をどこよりも早く世に出していけるのは、チームワークがあるからだと思います。

アイデアが尊重され、新製品や製品改良に繋がる

研究員にとって大切なことは、日常生活でも常にアンテナを張って製品開発のヒントを探すことです。私自身、買い物をするときも面白いものを探したり、製品開発に活かせるアイデアはないかと意識しています。そうして発見したことをすぐに提案したり、製品開発に活かす行動力も重要です。個人のアイデアで製品化が進むことはよくありますし、そのアイデアから派生して生まれる製品も少なくありません。自分のアイデアが、世に出る製品の改良につながるという経験は仕事へのモチベーションにもなります。新たな製品を生み出していくためにも、アース製薬の研究部では個人の意見を尊重し、発言しやすい雰囲気づくりがされています。基本的に、提案したことやつくってみた試作品などについて否定されることはありません。間違っていることに対して指摘していただくことはありますが、その際は「もっとこうすれば良くなるのでは」と、新たな提案をしてくれます。前向きなアドバイスをもらえると、もっと良くしようという気持ちも強くなり、自分の成長を加速させてくれているとも感じます。今後も積極的に自分の考えを述べ、より良い製品づくりをしていきたいです。

学生へのエール

やりがいを持って取り組める仕事を選んでほしいです。モチベーションを高く持って仕事を続けていくことができれば、より良いアイデアを考えられますし、成長にも繋がり、何より皆さま自身もきっと楽しいです。
仕事は、やってみないとわからないこともたくさんありますが、自分がやりたいと思うことをよく考え、納得のいく就職活動をすれば、いざ仕事をするときも、きっと楽しめると思います。私自身も、仕事を楽しめる人と一緒に働きたいです。

1日のスケジュール

08:10 出社・メールチェック・書類作成 08:40 打ち合わせ 09:30 実験 11:30 昼食 12:20 実験 16:00 データまとめ 17:00 退社

※記載の所属・業務内容は取材時点の内容となります。

SPECIAL MOVIE

スペシャルムービー

SPECIAL  MOVIE

ページトップに戻る

ページトップに戻る