MENU

CLOSE

HISTORY
アース製薬の歩み

成長路線を歩み続けるアース製薬

アース製薬の100年以上にわたる
歴史をご紹介。
創業当初から続く想いを忘れず、
アース製薬はこれからも
さらなる躍進を目指します。

1892

木村秀蔵が大阪で創業

アース製薬の起源は1892年にさかのぼります。創業者の木村秀蔵が大阪の難波で創業し、当時は、「チキウ」や「キイロン」など家庭薬を製造していました。

1910

兵庫県赤穂市に
工場を建設

国内生産の重要な拠点となる兵庫県赤穂市坂越に工場を建設。外国製品よりも良い品質の国産品をお客様の手元に届けることで、 高価な外国製品を買う負担を無くし、お客様に貢献するという思いが根底にありました。

兵庫県赤穂市坂越の工場

1925

(株)木村製薬所を設立

創業者の木村秀蔵は薬剤師で創業当初は家庭薬を製造していたことから、社名に「製薬」がつけられました。

1929

家庭用殺虫剤
「アース」発売

木村製薬所の設立後、ピレトリンの国産化に成功。家庭用殺虫剤『アース』を発売しました。
※当時は殺虫剤の原料は国産の除虫菊をアメリカへ輸出し、精製されたものを逆輸入していました。

家庭用殺虫剤「アース」

1964

アース製薬(株)に
社名変更

社名の「アース」には、外国製品に負けない国産品を「世界」に広めるという思いが込められています。当時から「地球」や「アース」といった名前を製品・社名に掲げ、 世界を見据えた事業活動を行っています。

社名

1964

「バスロマン」
発売

「バスロマン」

1970

大塚グループ資本参加

大塚グループ資本参加

1973

「ごきぶりホイホイ」
発売

「ごきぶりホイホイ」

1984

「アースノーマット」
発売

「アースノーマット」

1987

「モンダミン」
発売

「モンダミン」

1996

「アースジェット」
発売

「アースジェット」

1997

「ゴキジェットプロ」
発売

「ゴキジェットプロ」

2005

「ブラックキャップ」
発売

「ブラックキャップ」

2006

東京証券取引所
市場第一部 銘柄指定

2005年に東京証券取引所市場第二部に上場し、翌年2006年に同市場第一部銘柄指定を受けました。

東京証券取引所

2012

(株)バスクリン
グループ会社化

(株)バスクリン

2014

白元アース(株)
グループ会社化

白元アース(株)

2015

「温泡」
発売

「温泡」

2016

「スッキーリ!」
発売

「スッキーリ!」

2017

アース製薬 コーポレートアイデンティティ
コーポレートアイデンティティ制定

アースグループのCI(Corporate Identity)を制定。新たなロゴマークは、社名であるアース(=地球)をモチーフに、安全かつ快適な"Life"を青色で示し、赤いラインは情熱的かつ誠実で行動力あふれるアース製薬の企業スピリットを表しました。そして、グローバルな展開を進めていく中で、世界中の人々に社名とメッセージを伝えるため、社名を英語で"EARTH"と表記し、"Act For Life"というスローガンを添えています。

ページトップに戻る

ページトップに戻る