• ホーム
  • 新着情報
  • サイトマップ
  • オンラインショップ
  • Global Site

ホーム > IR情報 > トップメッセージ

文字の大きさ 小 中 大

トップメッセージ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
当社の近況ならびに今後の方針につきましてご報告申し上げます。

2016年の連結業績は増収増益となり、特に利益面では当初計画を達成しV字回復を果たすことができました。
殺虫剤部門では、天候の後押しを受けて店頭での消化が進んだことに加え、取引先の皆さまのご協力のもと返品を大幅に削減できました。
また、日用品部門では、口腔衛生用品「モンダミン」「シュミテクト」や入浴剤「温泡」や「バスクリン」が順調に販売を伸ばしたほか、消臭芳香剤の新製品「スッキーリ!」も売上貢献を果たしました。

企業再生を進めている白元アース(株)は皆さまのご支援と全社一丸となった経営効率改善の結果、当初2017年度を予定していた黒字化を1年前倒しで達成する事ができ、連結業績に寄与しました。しかし、これはあくまでも通過点で、今後の積極攻勢へのスタートラインに立った状況だと考えています。

一方、海外事業は、中期経営計画の最重要課題と位置付けており、海外展開元年と位置づけた昨年は好調な滑り出しとなりました。今後においても成長ペースを維持し、2020年の目標である海外売上高150億円を少しでも早く前倒しで達成できるように取り組んでまいります。

中期経営計画の2期目となる今期は、「生命と暮らしに寄り添い、地球との共生を実現する。」という経営理念のもと、お客様目線を第一に、引き続き積極的な新製品投入とリニューアルにより、ユーザーの開拓と満足度向上を図り、市場を活性化するとともに売上高を拡大していきます。
同時に収益改善については、この1年をかけて販売制度・システムの見直しを進めてまいりました。特に返品については、環境負荷の観点からも返品による廃棄量の軽減が企業経営として求められております。取引先様のご理解とご協力をいただき販売制度の改革を中心とした流通施策を推進することで、返品率を改善し、収益力を高めていく考えです。
また、グループ事業では新たにグループ子会社に加わったジョンソントレーディング(株)とアース・バイオケミカル(株)及び(株)ターキーとの経営統合化を図り、現在注力している園芸事業と同様に、ペット事業を新たな経営の柱として育成してまいります。 さらに、2016年7月に資本業務提携契約を締結した大幸薬品(株)とは、感染管理事業における特許技術を活かし、空間除菌・消臭市場の活性化や新市場の創出を目指してまいります。このように、外部との提携による市場活性化に向けたチャレンジも積極的に行ってまいります。

株主様への配当金につきましては、2016年期初の予定通り5円増配の一株当たり115円とさせていただきました。また今期の期末配当については、当期と同額の115円を予定しています。成長投資に資金を振り分けつつ、連結配当性向40%以上を基本とする利益還元方針を維持し、一層の増配に向けて業績向上に努めてまいります。

皆様におかれましては、当社事業の未来における飛躍にご期待いただき、長期的なご支援を賜りますようお願い申し上げます。


2017年3月
代表取締役社長 川端 克宜

このページの先頭へ

  • プライバシーポリシー
  • セキュリティポリシー
  • サイトのご利用にあたって
Copyright 2014(c) Earth Chemical Co.,Ltd. All Rights Reserved.