• ホーム
  • 新着情報
  • サイトマップ
  • オンラインショップ
  • Global Site

ホーム > IR情報 > よくあるご質問

文字の大きさ 小 中 大

よくあるご質問

決算・財務関連

決算期はいつですか? 決算期はいつですか?
決算期は12月です。
決算発表はいつですか? 決算発表はいつですか?
当社では四半期ごとに決算情報の開示を行っております。
詳細につきましてはIRカレンダーをご参照ください。
直近の決算期の業績について知りたいのですが? 直近の決算期の業績について知りたいのですが?
IR資料に決算情報を掲載しておりますのでそちらをご確認ください。

このページの先頭へ

株式事務関連

証券コードは何番ですか? 証券コードは何番ですか?
当社の証券コードは4985です。
株主総会はいつですか? 株主総会はいつですか?
定時株主総会は毎年3月下旬を予定しております。詳細につきましてはIRカレンダーをご参照ください。
名義書換や単元未満株式の買取請求など、株式諸手続きの窓口はどこですか? 名義書換や単元未満株式の買取請求など、株式諸手続きの窓口はどこですか?

株式に関する諸手続きのお申出先は以下の通りです。

1)証券会社等に口座を開設されている方は、お取引中の証券会社等へお申出下さい。

2)証券会社等に口座を開設されていない方は、当社の株主名簿管理人であります 三井住友信託銀行(株)
  お申出下さい。

   【住所】
    〒168-0063
     東京都杉並区和泉二丁目8番4号
     三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
     
   【電話】
     0120-782-031(フリーダイヤル)

   詳細につきましては三井住友信託銀行(株)のホームページをご参照ください。※外部サイトへリンク

配当政策に関してはどのようにお考えですか? 配当政策に関してはどのようにお考えですか?

当社は、株主の皆様への利益還元を経営の重要課題と位置付けており、持続的な成長及び健全な経営体質維持のための内部留保を確保しつつ、安定した配当を継続していくことを基本に、連結ベースでの配当性向40%以上を水準として考えております。

配当金支払いの株主確定基準日はいつですか? 配当金支払いの株主確定基準日はいつですか?

株主確定基準日は12月31日です。

上場したのはいつですか? 上場したのはいつですか?

平成17年11月30日に東京証券取引所市場第二部へ上場いたしました。また、東京証券取引所より承認をいただき、平成18年12月1日より市場一部指定銘柄となっております。

中間配当はあるのですか? 中間配当はあるのですか?

当社の連結及び個別の業績は、上半期に比べ下半期に低下する傾向にあり、その主たる要因の一つである取引先からの返品高をあらかじめ見通すことは困難であります。また、殺虫剤の売上高や返品高の動向は主として夏季の天候等の影響を受けることもあります。そのため、当面は中間配当を実施せず、通期の経営成績を踏まえたうえで本決算での配当のみを行っていく方針であります。

当社の株主優待制度について教えてください。 当社の株主優待制度について教えてください。

当社では、株主の皆様の日頃のご支援に感謝するとともに、当社株式への投資魅力を高め、中長期的に当社株式を保有していただける株主様の増加促進を目的として、株主優待制度を設け、年2回実施しております。

当社の株主優待を受けるためには、基準日である毎年6月30日・12月31日を含む4営業日前に当社株式を保有していただく必要があります。

なお、株主優待品の贈呈内容は以下のとおりです。

【基準日を6月30日とするもの】(贈呈時期:9月予定)

・100株以上1,000株未満保有 2,000円相当の当社製品詰め合わせ
・1,000株以上保有 3,000円相当の当社製品詰め合わせ

【基準日を12月31日とするもの】(贈呈時期:翌年3月予定)

・100株以上保有 2,000円相当の当社製品詰め合わせ

このページの先頭へ

事業関連

事業内容について教えてください。 事業内容について教えてください。

当社の事業は「家庭用品事業」と「総合環境衛生事業」の2つに大別されます。
「家庭用品事業」では主に殺虫剤・日用品の製造販売を行っており、平成26年12月期における売上高は1,331億25百万円と当社グループ売上全体の約87%を占めております。

「総合環境衛生事業」では、異物混入・汚染の防止・院内感染の防止などの品質保証システムの設計・開発及びこれらの総合コンサルティングサービスの他、害虫駆除の役務提供やビルの管理業務などを行っており、平成26年12月期における売上は191億29百万円であり、当社グループ全体の約13%を占めております。

事業部門別営業状況もご参照ください。

このページの先頭へ

経営関連

大塚グループとの関係はどのようになっているのですか? 大塚グループとの関係はどのようになっているのですか?

昭和45年2月に(株)大塚製薬工場が当社に資本参加しております。(株)大塚製薬工場は、グループ発祥の親会社として、昭和39年8月には販売部門を分離して大塚製薬㈱を設立しております。昭和40年前期、当社は経営危機の状態にあり、経営再建のために取引のあった㈱大塚製薬工場に資金援助を要請し、当時大塚化学㈱の常務であった大塚正富氏(現:当社特別顧問)を社長に招聘しております。また、当社は昭和48年3月「ごきぶりホイホイ」の発売を前後して、事業規模拡大のための資金調達が必要になり、大塚グループの中核会社である大塚製薬㈱を中心に出資を仰ぎ、現在に至っております。

海外展開についてどのようにお考えでしょうか? 海外展開についてどのようにお考えでしょうか?

現状は、中国及びタイに家庭用品の製造工場を有しております。また、東南アジア・北米・ヨーロッパ市場などに対して輸出を行っておりますが、売上高は僅少となっております。今後の展開についてですが、平成17年5月に中国に現地法人として安速日用化学(蘇州)有限公司を設立、新工場を建設し、平成19年1月より操業を開始しております。なお、操業後の経営計画については中期的に製造コストの低減を図る計画を立てております。

重視する経営指標があれば教えてください。 重視する経営指標があれば教えてください。

当社グループは、当社グループは、今後とも企業価値ひいては株主価値を高めていくに当たり、中期目標として「2020年連結売上高2,000億円、連結経常利益150億円の達成」を掲げ、特に海外展開については「海外売上高100億円の早期達成」を目指しております。

また、株主重視の観点から自己資本当期純利益率(ROE)の向上に取り組んでおります。

このページの先頭へ

 
  • プライバシーポリシー
  • セキュリティポリシー
  • サイトのご利用にあたって
Copyright 2014(c) Earth Chemical Co.,Ltd. All Rights Reserved.