知ってた?
実は…コバエという名前の虫は存在しない?

コバエ
2017/04/05
知ってた?実は…コバエという名前の虫は存在しない?

バナナなどのフルーツが大好きで、暑い季節になるとたかっているヤツら。小さいけれど、数が多くなるとうっとうしいですよね…。すごい勢いで繁殖していってしまう、私たちがよく「コバエ」と呼んでいるあの小さい虫、いったい何者なんでしょうか?

「コバエ」じゃないなら、いったい何者?

私たちが「コバエ」と呼んでいるのは小さなハエの総称であって、実は「コバエ」という名の虫は存在しません。あなたがキッチンで見かけるほとんどは、おそらく「ショウジョウバエ」で、それだけでも世界中で2500種以上、日本国内でも約260種の生息が確認されています。

体長2mm程のこの虫は、網戸の小さな網目もすり抜けやってきて、気付いたときには大量に繁殖していることも…。というのも、成虫になるまでに約10日、成虫になってから1~3日で産卵が可能。2週間~1ヵ月程度の生存期間中に500個もの卵を産む、驚異的な繁殖力の持ち主なのです。

主に日本の家庭で見られるのは、「ショウジョウバエ」、「ノミバエ」、「キノコバエ」、「チョウバエ」の4種類。それぞれ生態が異なり、発生場所や好物も様々です。そのため、駆除も容易ではありません。

ショウジョウバエ
ショウジョウバエ
ノミバエ
ノミバエ
キノコバエ
キノコバエ
チョウバエ
チョウバエ

それぞれの発生源と好物は?

「ショウジョウバエ」が欧米では“fruit fly(フルーツフライ)“と呼ばれていることからも推察できる通り、フルーツが大好き。熟した果物や野菜、調味料やアルコールなどを好みます。主な発生場所はキッチンのゴミ箱や三角コーナー。そのため、できれば蓋付きのゴミ箱を選びましょう。

「ノミバエ」で気になるのは、腐敗した動植物質や動物のフンから発生すること。なかなかの“美食家”で、食卓の上を素早く飛び回って食べ物を狙っています。また、生ごみも食べるため、エサとなりそうなものを放置しないようにしましょう。

「キノコバエ」の好物は観葉植物や、その土に生えるキノコ等の真菌類。毎日掃除とゴミ捨てをしているのに小さいハエがでる場合、この「キノコバエ」が正体かもしれません。

「チョウバエ」の生息地は、湿地や沼などの水際。家の中では、お風呂や台所の排水まわり、トイレなどにいることが多いです。湿った場所のヘドロなどを食べて生息しています。

それぞれの発生源と好物は? それぞれの発生源と好物は?

ハエとコバエの共通点。

ハエの子どもがコバエ…ではありません。まったく別の種類です。ハエは「イエバエ」、「ニクバエ」、「クロバエ」、「キンバエ」などがいます。その中でも「イエバエ」は、自然環境ではほとんど生息せず、人間の生活圏で生息し、室内に侵入することも多いのが特徴です。

ハエとコバエにも色々な種類がいますが、多くは“赤色”が好き。考えてみたら、スイカにはやたらとハエが寄ってくるような…。また、人間に比べて嗅覚が優れていて、かなり遠くからニオイをかぎ分けやってきます。

ハエとコバエの共通点。

あなたの部屋はコバエが出やすい?
それとも出にくい?

チェックリスト
  1. 1.果物や野菜を常温で保存している。
  2. 2.ゴミ箱に蓋がついていない。
  3. 3.三角コーナーに蓋がついていない。
  4. 4.排水溝をあまり掃除していない。
  5. 5.空き缶や空き瓶を洗わずに放置している。
  6. 6.ベランダやお庭に水たまりがある。
  7. 7.トイレ掃除を3日以上していない。
  8. 8.お風呂掃除を3日以上していない。
  9. 9.頻繁に窓を開けっ放しにしている。
  10. 10.観葉植物を置いている。
あなたの部屋はコバエが出やすい?

あなたはいくつ当てはまりましたか?チェックの数が多いほど、コバエ発生のリスクも高くなります。こまめに掃除して、清潔な空間づくりを心がけましょう。

こまめに掃除して、清潔な空間づくりを心がけましょう。

なかでも難しいのが、お風呂場などに発生する「チョウバエ」の駆除。6~9月の大量繁殖期は要注意です。「チョウバエ」は熱湯をかければ死滅しますが、お風呂場ではオススメしません。配水管の耐熱温度が60度くらいなので、変形して水漏れしてしまうおそれがあります。薬剤に頼るのも1つの手段。ワンプッシュするだけの「コバエがコロリ コバエがいなくなるスプレー」はイオンの力でスプレー粒子が広がり、空間のすみずみまで効きめが届きます。