台所や押入れなど、おうちで見かけた糞らしきもの。
いったい何者の仕業?
そんな時の参考に、糞の写真を集めてみました。
犯人が残した遺留品から、
何か手がかりが見つかるといいのですが・・・。

アース製薬では、糞の鑑定は行っておりません。

ネズミのフンかな?

ドブネズミ

大きさ
10~20mm
焦茶・灰色
<特徴>
糞がまとまっていて太い

クマネズミ

大きさ
6~10mm
茶・灰色
<特徴>
糞が散らばっている場合が多く細長い

ハツカネズミ

大きさ
4~7mm
茶色
<特徴>
米粒ほどに小さく両端がとがっている
間違いやすいのは、この犯人

アブラコウモリ(イエコウモリ)

大きさ
5~10mm
茶色
<特徴>
ネズミに似ているが主食が昆虫なのでパサパサしている

写真提供 (財)日本環境衛生センター環境生物部

  • 益獣なので駆除は出来ません。専門業者に相談してください。

ドブネズミも、クマネズミも、ハツカネズミもなんでも食べる哺乳類です。そのため、臭いがあります。
糞の大きさは体の大きさに比例していて、多少形にもそれぞれに特徴が見られます。これらと間違いやすいのが、アブラコウモリ(イエコウモリ)の糞です。ただ、昆虫を食べているコウモリの糞は崩れやすいので、その点に気をつけてみてください。

注意したいこんなフン

トコジラミ(ナンキンムシ)

大きさ
2mm程度
赤茶・黒色
<特徴>
シミのように家具の裏や隙間に点在する。

とても問題になっている非常に駆除が難しい害虫です。
血を吸うため、血が混ざった赤っぽい糞(血糞)をします。

部屋の隅
カーテンの裏

ゴキブリはこんなフン

クロゴキブリ

大きさ
2~2.5mm
茶・黒色
<特徴>
小さな点で臭いはない

チャバネゴキブリ

大きさ
1mm程度
茶・黒色
<特徴>
小さな点でゴミのよう

部屋に落ちていたら、きっとただのゴミですね。気付かないで掃除機で吸って終わってしまいそうです。でも、台所の食器棚や、引き出しの中などで見つけたら、ゴキブリを疑って、駆除を開始してください。犯人がクロなのかチャバネなのかは、糞だけではなかなかわからないですね。

糞だけだと見分けるのはとっても難しいね。大小あるけど、並べないとどれも同じに見えちゃう。博士もさすがに「う~ん」ってうなってたよ。糞研究所は無いから、僕たちにも超難問なんだ。
このページを参考に、駆除作戦の足がかりにしてね!

おまけ

ハラビロカマキリ

大きさ
5mm程度
黒・灰色
<特徴>
食べた昆虫によって糞の色は様々

カメラを向けると、しっかりカメラ目線。
お腹の部分が太いので、ハラビロカマキリと呼ばれます。
エサとして食べるのは、生きた蝶や昆虫など。
体長は5~7cmぐらいで、晩夏から秋にかけて見られます。

イガ

イガ幼虫の体長
6mm程度
イガ幼虫の色
黄色がかった白色
<特徴>
イガはウール製品や毛皮、敷物等を食べる衣類害虫です。

糞の話ではないですが、、、豆知識としてご紹介♪
イガの幼虫は、繊維を噛み切り綴り合わせて、両端に穴が開いている筒状の巣を作ります。そのため、食べた服を材料にする巣が服と同化してしまい、ほとんど毛玉と見分けがつきません。毛玉のつもりが、実はウール製品が大好きなイガの巣を連れて歩いているかもしれませんね。衣類用防虫剤でしっかり予防しましょう。