• ホーム
  • 新着情報
  • サイトマップ
  • オンラインショップ
  • Global Site

ホーム > お客様相談窓口 > 大量に使い残したエアゾール製品の廃棄方法について

文字の大きさ 小 中 大

大量に使い残したエアゾール製品の廃棄方法について

使い残した当社のエアゾール製品は、近所に迷惑がかからないように、広場など屋外で風上から風下に向けて中身を噴射しきってください(噴射音が消えるまでガスを抜いてください)。

<広い場所がない場合の方法>
ゴミ袋の中に古新聞やボロ布を入れて、その中で全量を噴射して染みこませ、そのゴミ袋を燃えるゴミとして廃棄する方法があります。この場合、すぐに袋を閉じず必ず袋の中のガスが抜けてから廃棄することが大切です。ガスが充満した状態や古新聞などが濡れた状態で火の中に入れると爆発や燃焼の危険性があります。

屋外もしくはベランダで周囲に人のいない場所で行ってください。
風向きに注意してください。


ビニール袋と古新聞もしくは吸水性のよい紙や雑巾を用意します。

ビニール袋の中に、古新聞等を入れます。

※飲食・喫煙はしないでください。
※火種のある場所は避けてください。

ビニール袋の中に、噴射音が聞こえなくなるまで、全量噴射してください。

スプレー缶によっては、噴射中に缶が冷たくなる場合があります。軍手等をして噴射することをおススメします。

※必ずしばらく袋の口は閉じず、数時間後に廃棄してください。


噴射・ガス抜きが終わったあとの缶は、お住まいの自治体の指示に従って廃棄してください。缶は、スチール(ブリキ)、スプレー部はプラスチックです。
缶に穴を開けて捨てるように指導している自治体の場合も、中身を噴射しきって、噴射音が消えるまでガスを抜いてから釘などで缶に穴を開けてください。

【注意】
ガスを抜く際は、火気のない場所で必ず行ってください。また、居室に近い場所で処理された場合に屋内にガスが流れている場合があります。処理前に窓を閉めるか、必ず換気をし、火気にご注意ください。

お客様相談窓口
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • 誤飲・誤食された場合
  • お客様相談室の基本姿勢
  • 製品カタログ
  • オンラインショップ「Shop-Earth」

このページの先頭へ

  • プライバシーポリシー
  • セキュリティポリシー
  • サイトのご利用にあたって
Copyright 2014(c) Earth Chemical Co.,Ltd. All Rights Reserved.